電気を流してバストアップする

電気を流してバストアップする

電気,バストアップ

 

EMSと言うマシンは、腹筋を割る事の出来るマシンです。これを使用すると、バストアップする事が出来ます。低周波・中周波・高周波の電流を流す事で、筋肉を刺激して強制的に収縮されます。EMSは脳から神経を通して伝わる電気信号の代わりに、電気に代わって信号を筋肉に伝える役割をパットを貼る事で行います。

 

バストは大胸筋の上に乳腺と乳腺の周辺を埋めている脂肪等の組織で出来ていて、大胸筋の裏には小胸筋があります。EMSは大胸筋と小胸筋に対して効果が出やすいため、バストに使用すると同時に鍛える事が出来るためバストが垂れ下がるのを防いでくれます。

 

バストアップで使用する時は出力は20mAにすると、筋肉が収縮した時に少し固くなった事を感じる事が出来ます。使用する時間は30分で、デコルテの下には必ず電極を付けるようにします。電極パットが2枚ある場合は、デコルテの下にあるバストを吊っている筋肉の端とバストの筋肉に付けるようにして、大胸筋と小胸筋を同時に刺激出来るようにします。

 

短時間でバストがアップした事を実感する事が出来るため、露出の多い服を着る時には効果的です。当日の朝にEMSを使用しても、直ぐに効果が出ます。

電流を当ててバストアップする

電気,バストアップ

 

バストアップさせる方法の1つに、バストに電流を流す方法があります。電流が流れると、大胸筋や乳腺を刺激する事が出来るため働きが活発になります。大胸筋や乳腺が刺激さえると活動がスムーズになるため、新陳代謝が高まります。

 

高まると成長しやすくなり、大きくなります。エステサロンで受ける事が出来るが、最近は微弱電流が流れるバストアップブラ等も販売しています。電流が流れるのはバストだけなため、局地を狙って行えます。電流を流すのが効果的なのは、バストアップに欠かす事の出来ない細胞が活性化されます。

 

バストは乳腺に脂肪が付く事により、形が出来るようになります。大胸筋は縮んでしまったものを、電流を流す事によって活発に働くようになります。大胸筋を鍛える事で、バストアップに繋がります。クーパー靭帯が伸びたのが修復する事が出来るため、コラーゲンを生成する事が出来ます。

 

クーパー靭帯は乳腺と脂肪を支える役割をしているため、とても重要なものになります。バストの周りの筋肉も活性化されて、大胸筋を活性化するのに役だっています。電流をバストに流した時は、微弱なものになるため痛みが少ないです。

 

流す電流は低刺激なため、基本的に痛みは少なくなっています。

エクスグラマー育乳ナイトブラの通販購入はこちら!トップページへ胸が小さくて悩んでいる方や女性らしいメリハリボディを手に入れたい方はトップページでエクスグラマー育乳ナイトブラの詳細を確認してみてください。