ナイトブラ バストアップ 効果

ナイトブラって苦しくないの?バストアップの効果は?

 

ナイトブラ,バストアップ,効果

 

日中は普通のブラジャーは締め付けが強くて、夜はノーブラで寝ているという方も多いのではないでしょうか?

 

夜こそナイトブラでバストアップを目指して見ましょう。

 

【寝ている間に脂肪が】
日中はしっかりとブラジャーでバストをホールドしていても、寝ている間ノーブラだとせっかくの日中の努力が水の泡になってしまいます。

 

重力の影響で、寝ている間はバストの脂肪がみるみる背中やお腹に流れて行ってしまうのです。

 

では、ナイトブラは窮屈ではないのでしょうか?

 

【ナイトブラの配慮】
日中つけるブラジャーは、激しく動いてもずれないようにワイヤーが入っているものが多いです。

 

しかし、ナイトブラは締め付けが少ないように配慮されて作られているものが多いのです。

 

ノンワイヤーで背中や胃に負担がかかりにくく、脇の下までしっかりホールドする伸縮性に優れた素材で作られているものが多いです。

 

なので、「ナイトブラは締め付けが気になる…」という方にも、安心して利用していただけます。

 

【気になるバストアップ効果は?】
ナイトブラをつけることにより、バストの脂肪を正しい位置にしっかりホールドすることが可能です。

 

また、冷え対策にも繋がり血流を良くすることで、睡眠中にバストへ栄養を送りやすくするのです。

 

長い目で見ても、育乳、バストの形を整えることができます。

ナイトブラを普段使いした時の効果

 

ナイトブラ,バストアップ,効果

 

ナイトブラを普段使いした時の効果は、昼用のブラのような効果は得られないです。

 

それは起きている時と寝ている時では、重力のかかり方が全く異なるためです。

 

人間の体は常に重力の影響を受けているが、バストは前に突き出しているためそれだけ下に引っ張られる力を受けやすいです。

 

立っているだけで、下垂の恐れがあります。

 

寝ている時も重力の影響はあるが、方向が異なります。

 

バストは体の左右や上下に向かって広がりやすく、特にバストの大きい人程顕著です。

 

この違いから、ナイトブラと昼用ブラを兼用するのは難しいです。

 

昼用ブラは身体を起こしている事を前提にして作られていて、背中や脇のお肉をカップに集めてワイヤーやストラップで形を維持します。

 

この働きによって、バストは重力に負ける事がなく持ち上げられて天然のブラであるクーパー靭帯も保護されます。

 

ナイトブラもバストを保護して、背中や脇のお肉が流れるのを防ぐ機能を持っています。

 

しかし重力のかかり方が異なるため、昼用のブラではサポートしきれない事があります。

 

またワイヤーやホックはなくて、伸縮性のある素材でバストを集めて横になった状態でおわん形にキープ出来るようになっています。

 

このように、昼用のブラとは構造が異なっているためナイトブラを昼間に使用する事は出来ないです。

ナイトブラの正しい付け方のコツ

 

ナイトブラ,バストアップ,効果

 

ナイトブラを正しく付けるには、最初に大きい鏡を用意します。

 

鏡の前に立って確認をしながら、行うと分かりやすいためおすすめです。

 

更に鏡に自分の姿を映すと、今のバストの状態を確認が出来ます。

 

ナイトブラは昼間に着用するブラのように、後ろにホックがないです。

 

繋がった状態になっているものがほとんどであるため、足からナイトブラを通します。

 

足から通す事で、下からバストにお腹のお肉を持ち上げていくようにします。

 

余分なお肉をバストに流していく事が大切で、上までお肉を持ってきたら肩の紐に左右の腕を通します。

 

バスト周りにある余分なお肉を、カップの中に集めます。

 

アンダーバストの下のお肉と背中のお肉と脇のお肉の順番で、それぞれのお肉をバストに集めます。

 

左右のどちらから行っても、大丈夫です。

 

左右のお肉をカップの中に集め終わったら、最後にチェックをします。

 

チェックするポイントは、脇のお肉がカップから漏れていないかです。

 

ナイトブラの下からお肉が漏れていないか、背中のお肉が漏れていないかも確認します。

 

痛い所や違和感がある所はないかも確認して、1つでも気になる所があったら再度調節をしていきます。

 

正しい付け方をすると、ナイトブラの効果をきちんと発揮出来ます。

小さい胸でもナイトブラは使える?

 

ナイトブラ,バストアップ,効果

 

小さい胸でもナイトブラを使う事は出来て、胸が小さい人がうつ伏せで寝た時に胸にかかる重さは上半身の重さが胸にかかるとすると全体重の半分としても20キロは超えます。

 

そして胸が小さくても、仰向けや横向きで寝ると胸に重力がかかります。

 

寝返りを打つと、勢いで負担がかかります。

 

このため、胸が小さくてもナイトブラを付けて寝るようにします。

 

胸が小さくても胸は垂れたり、ハリがなくなります。

 

ナイトブラは胸が垂れたりハリがなくなるのを防ぐ効果があるため、胸が小さくてもこれらの効果を得られます。

 

またナイトブラでケアを行っていないと、重力や体重でクーパー靭帯と皮膚が損傷する可能性があります。

 

クーパー靭帯はバストを支えるコラーゲンの束で、大胸筋とバストを繋ぐ役割を果たしています。

 

クーパー靭帯のおかげで、バストが垂れる事がなく上向きでいれます。

 

しかしクーパー靭帯は衝撃に弱くて、バストが動いたり揺れたりすると伸びたり切れたりします。

 

一度伸びたり切れたりすると、元には戻らないです。

 

バストが垂れてしまうと、胸が更に小さく見えます。

 

胸が小さくてもクーパー靭帯は切れる事はあり、負荷になるのは胸の重さだけではないです。

 

胸の大きさに関係なく、ナイトブラを着用して胸を守ります。

エクスグラマー育乳ナイトブラの通販購入はこちら!トップページへ胸が小さくて悩んでいる方や女性らしいメリハリボディを手に入れたい方はトップページでエクスグラマー育乳ナイトブラの詳細を確認してみてください。